広島介護ひろばTOP › コラム › こころがほっこり^^した出来事

こころがほっこり^^した出来事

 

先日、仕事を終えて電車に乗っていた時のことです。

電車の中は、割と混雑していました。

その中で若いお母さん(ママと言ったほうがいいほど若い)が赤ちゃんと一緒に乗車していました。

赤ちゃん6ヶ月~7ヶ月くらいかな、眠たいようでかなり泣いていました。

お母さんが必死にあやしていましたが、なかなか泣きやみません。

私はとなりに立っていたので、声をかけようかなぁ。こういう時って、肩身が狭いんだよなぁと思っていましたが、

声はかけられませんでした。

すると、女子大生のような女の子がそのお母さんに

「こんにちは!これで赤ちゃん泣きやむかなって思って・・・」と小さいぬいぐるみをあかちゃんに向けてあやし始めたのです。

知らない人に話かけるのって、とっても勇気がいることなのにさらりとそれをやってしまった、彼女!!

赤ちゃんもぬいぐるみ効果かすぐに眠ってしまいました。

困っている人を見て見ぬふりが出来ない性分なのか、保育科なのか、

勝手にいろいろ想像してしまいましたが、行動に移せる彼女にとても関心しました。

若いお母さんはとっても嬉しかったのではないかと思います。

 

施設での仕事もこの人、困ってるな、助けたいな、私に何が出来るかなの気持ちがベースだと思います。

その気持ちを忘れないように日々の業務をしたいなとこころがほっこりした出来事でした。