広島介護ひろばTOP › コラム › 「介護施設ってどんな介護サービスがあるの」

「介護施設ってどんな介護サービスがあるの」

介護の仕事に就こうと思っても、とにかく様々な種類の介護施設があると思います。特に、無資格、未経験で介護にチャレンジしようと思うと、「種類が多くて、よく分からない」ということもあるかも。逆に言うと、高齢者の様々なニーズに対応するため選択肢が豊富にあるともいえ、それぞれに特徴があります。主なサービスについてご紹介しますので、これから介護をチャレンジしてみようという方は、チェックしてみて下さい。

 

1.施設サービス

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

生活介護が中心の施設です。日常生活で常に介護を必要とし、在宅生活が困難な方(原則、要介護~5)を受け入れています。食事、入浴などの日常生活の介護や健康管理を受けることができます。

近年では、医療的ケアのニーズも高まっており、喀痰吸引等研修修了者の活躍の場が広がっています。身体介護をじっくりやりたい方にお勧めです。

  • 介護老人保健施設(老人保健施設)

介護やリハビリが中心の施設です。病状が安定し、在宅復帰のためのリハビリテーションに重点をおいた介護が必要な方(要介護1~5)が対象の施設です。医学的な管理のもとでの介護や看護、リハビリテーションを受けることができます。高齢者の方にリハビリを提供していきたいと思う方にお勧めです。

  • 特定施設入居者生活介護(介護付有料老人ホーム、ケアハウス、サービス付高齢者向け住宅等)

介護保険の指定を受けた有料老人ホーム等が、入居している利用者に対して、入浴・排泄・食事等の介護、その他必要な日常生活上の支援を行います。特養や老健よりももっと接遇面を勉強したい方にお勧めです。

 

2.地域密着サービス

  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

地域に密着した小規模な施設です。比較的安定した認知症の高齢者が共同生活を送りながら、食事・入浴等の介護や機能訓練等を行います。また、1ユニット(5~9人)での共同生活ななめ、認知症の症状緩和を目的としています。小人数で1人1人の高齢者を介護する方にお勧めです。

  • 小規模多機能型居宅介護

通いを中心に、利用者の様態や希望に応じて訪問や泊りを組み合わせたサービスを行います。

高齢者が家におられる時の状態も把握でき、訪問介護や通所介護、短期入所それぞれの要素が1か所に集まっているので、たくさんのサービスを経験したい方にお勧めです。

 

3.通所サービス

  • 通所介護(デイサービス)

通所介護施設(デイサービスセンター)に通って、入浴・排泄・食事等の日常生活上のお世話や機能訓練を受けるサービスです。

日中のレクリエーションやリハビリ体操など、利用者と一緒にサービスを楽しみたいという方にお勧めです。介護技術は多少あれば大丈夫なので、介護の経験がそんなにない方や、自信がない方でも十分に勤務ができます。

 

4.短期間の入所サービス

  • 短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所施設、特別養護老人ホーム等に短期間入所し、入浴・排泄・食事等の日常生活の世話や機能訓練を受けるサービスです。

特養と違い、毎日のように利用される方が変わります。いろいろな方と接して、介護のレベルを上げていきたい方にお勧めです。

 

5.まとめ

高齢者施設と言ってもたくさんのサービスがあります。ここには代表的な施設を掲載していますが、その他にも20種類ぐらいの高齢者施設があります。

自分が介護士としてどのようになっていきたいかを考えながら、施設を選ぶといいと思います。また、全く介護の経験がないという方は、とりあえずデイサービスの職員として働くところから始めてはいかがでしょうか。