広島介護ひろばTOP › コラム › 介護職って何だろう(その2)人の最期に立ち会える仕事

介護職って何だろう(その2)人の最期に立ち会える仕事

 

前回、「介護職ってなんだろう。。。」というテーマでコラムを書かせて頂きました。

その最後で【人の最期に立ち合える仕事】と少し触れました。

今回はそのお話を・・・。

 

人が生まれるときに立ち合えるのは、家族、先生、助産師さん・看護師さんなどがいますね。

誕生ってその一瞬しかありません。

誕生日はもちろん毎年来ますが、誕生の瞬間は1回だけ。

 

人は必ず亡くなります。

介護職はその最期の瞬間に立ち合える仕事です。

亡くなるときに立ち合いたくないと言われる方もいらっしゃると思いますが、人生の中のたった1回、その方の最期に立ち合えるのです。

それまでにやり残したことはないか、やりたいことはないか、家族の方と一緒に考え実施します。同じ時間を共有し、信頼関係を築き亡くなる最期の時まで寄り添うことができる仕事です。

人の最期に立ち合える仕事。それが介護職です。