広島介護ひろばTOP › コラム › 「ここを変えてみましょう」~物忘れを防ぐために~

「ここを変えてみましょう」~物忘れを防ぐために~

年齢が進むにつれて いわゆる「認知症」とまでは診断されなくても

ちょっとしたことが思い出せなくなったり、思い出すのに時間がかかったり

約束していたことをうっかり忘れてしまったりといったようなことが頻発してきますよね。

私も数年前に比べて「うっかり」なことが増えて来ているように感じています。

これ以上「物忘れ」がひどくならないようにはどうしたらいいか?と考えた結果が以下になります。

 

①きちんと食べて脳を活性化しよう

バランスの取れた栄養、脳の活性化に効果のある食べ物もたくさんあるようです。

②規則正しい生活リズムで脳も元気にしよう

生活リズムを整えることはとても大切です。

健康管理をきちんと行い体調を万全に保つことは身体の健康だけでなく脳の健康維持にもリンクしてきます。

骨折が原因で動けなくなり、段々と認知症に・・・といったケースも良く聞きますよね。

③グッスリ眠って脳もリフレッシュ

現代人は睡眠負債がかさんでいる人が多いそうです。

その人なりの必要な睡眠時間はあるかと思いますが、グッスリ眠ることで身体と脳を休めましょう。

脳を休めることで活性化にもつながります。

④Let’s エクササイズ

適度な運動は脳に刺激を与え活性化する助けになるといわれています。

ウォーキングや軽いストレッチ、簡単な動きを覚えて反復してみるなど、継続実施することが大切です。

他にも色々脳の活性化につながることがあると思います!またこちらでお伝えしていきますね