広島介護ひろばTOP › コラム › 40代からの介護業界ってありかも!(その壱)

40代からの介護業界ってありかも!(その壱)

40代での転職は、今の時代珍しいことではなくなりました。

そんな中、介護業界の求人をよく見かける・・・ということがありませんか?

40代での介護業界、ついていけるのだろうか。

そこで40代からの介護士への転職について、考えてみたいと思います。

介護の仕事は未経験でも出来ますが、他の職種に比べて大変な面は数多くあります。

それでは、40代での転職で企業に求められるスキルは何でしょうか。

①人生経験

②前職でのスキル

③コミュニケーション力

若い人にはない魅力を持つ40代だからこそ、介護の仕事でも活かしていけるものがあるのではないでしょうか。

まず、40代にあって若い人間にはないもの、それは「人生経験」です。

新しい同僚や上司は、もしかしたらあなたより年下かもしれません。

ですが、彼らより多くの時間を社会人として働いてきたあなたには、彼らより広い視野と知識があります。

例えば、以前の仕事が介護とまったく関係のない営業職だったとしても、「前職でのスキル」コミュニケーションスキルや

書類をまとめるスキルなどは、介護の現場でも十分力を発揮出来るものです。

介護は人と向き合う仕事なので、マニュアルにない対応や、問題に対して臨機応変に対処する能力が求められます

これらは、長い時間働いてきた40代は若い人よりも社会人としての経験があるため、より適切な考え方が出来るというメリットです。

施設を利用する高齢者はあなたよりさらに年上ですが、年齢が近いということはそれだけ話が合うということでもあります。

「会話する力」「コミュニケーションをとる力」というのは介護の現場では大きな力となりますので、

利用者にとっても安心して心を開ける相手として、年齢相応の包容力はとても大切になります。

40代での転職は若いころと比べると決して甘いものではなく、「後がない」という状態で臨む人が多いことも現実です。

次回は、介護業界で、どんなキャリアを積んでいけるかをお話ししましょう。